stone creater's room

アクセスカウンタ

zoom RSS 【日記】 新しいパソコン(ONKYO S505A6B/21W1)を購入しました。

<<   作成日時 : 2009/11/29 19:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

Windows7が発売になったので、7〜8年使ったSOTEC PC STATIONから
ONKYO S505A6Bにパソコンを買い換えました。
⇒Windows7(64bit)・インテルCore2 Duo・1TB HDD・メモリ4GB

作りが大雑把だからか(失礼!)、修理に出してもすぐ戻って来るという利点があったので、
次のパソコンもSOTECにするつもりだったのですが、
なんとSOTECがONKYOに買収されてしまっていたので、ONKYOブランドパソコン(第一弾)を購入しました。
(ブランド名が変わっても中身は変わらないだろうし、安いしね!)

いつもお世話になっているJoshinにて、お目当てのS505A6Bをお取り寄せして貰いました
(店頭には、↑よりハードディスクが小さいS505A5Bしか置いていなかったので)。
注文が集中しているらしく、入荷まで2週間待ちとのことでしたが、
1週間で入荷のお知らせが来ました(2009年」11月中旬)。

以下、しばらく使ってみた感想です。

Windows7については、こんなものかな〜くらいしか思っていなかったり…f^_^;
(悪名高き)VISTAからの乗り換えなら、色々思うところがあるかも知れませんが、
XPからの乗り換えなので…。
OSの起動・シャットダウンはかなり速いです。

今まで使っていた(フリー)ソフトが使えなくなるかと心配しましたが、
「Windows7 ソフト名」でネット検索すると、早々に検証報告サイトが出来ていて、
大体はそのまま使えるらしい事がわかりました。

初回起動の時にメールを書いていたら、文字変換で考え込んでいるっぽく止まってしまうので、
文字入力が遅いのか!?とビビりましたが、その時だけの現象でした(ホッ)。
↑Outlookが好きではない為、メーラーにThunderbirdをインストールしたので、その関係かな?

しかし、ONKYOブランド(オーディオメーカー)なのに、音が悪い…っていうか、音がこもってます
(店頭のデモ機を動かした時にも「おや?」と思ったので、すぐ分かるレベルです)。
細かい設定が出来るのかも知れませんが、音にはあまりこだわりがないので、とりあえず放置です。

映像もイマイチかも…フルスクリーンでDVDを観ると、動いている人物と背景の境目に線が出たりします。
付属ソフトの「WINDVD for ONKYO」より「Windows MediaPlayer」の方がマシに思うので、
ソフトのせいかも知れませんが。
Sotecの時は、MediaPlayerより付属ソフト(Tideo DVD)の方が良く感じたけどなー。

同時発売のTV機能搭載機とは、グラフィックシステムの仕様が違うので、
性能的に「一段落ちる」感じなのかも知れません。
でも、TV機能搭載機は本体・ディスプレイ一体型だったので、敬遠しちゃったのです、
熱ですぐに壊れそうな気がして…。

ってか、今度の付属ソフト(WINDVD for ONKYO)は、バイリンガルキャプション機能が無い!
うーん、ガッカリ…。

ついでに、メディアの読み込み(ハードディスクへの書き込み)・書き込み時に、
DVDドライブがものすごい頑張っている感じの音を立てます。
中のCDがどこかにすっ飛んで行っちゃうんじゃないかと思う位に、迫力のある音を…(ブオーンと/汗)。
再生時は静かなのに、何故だろう。

そして、売りの一つである「輝き液晶」は…ま・まぶしい(汗)。
コントラスト・輝度を半分にしても目がチカチカします、映り込みも激しいし…。
でもまあ、反射防止仕様の液晶保護フィルムを張ったら、少しはマシになりました。

…こんなところかな?
気になった事を書き出したら、なんだか悪いところを書き出したみたいになりましたが、
逆に言うと、それ以外は気にならないです(普通に使う分には、スムーズに動いてます)。

以下、普通じゃない事をして困った事です(-_-)

パソコンでちょっと観られたら事足りる程度しかテレビを観ないので、
前のパソコンに引き続き、新しいパソコンでもテレビを観られるようにしようと、
TVチューナーを購入しました。
前回は、USB外付けタイプにして邪魔だな〜と思うことしばしばだったので、
今回は、内臓カード型に初トライしてみました。

パソコンのカバーを開けて、拡張スロットにカードを差し込んだら終わりだと思いきや、
なんと、スロットカバーが外せない…。
あっさりした事しか載っていないユーザーズガイドを見ても、
「空スロットのスロットカバーのツメを折り、スロットカバーを取り外します」と、
スロットカバーを引っ張ったらあっさり取れますよ的な小さなイラストと共に載っているのみ。
ツメって何さ?!ってか、どう見ても溶接されているっぽいじゃん!

困ってサポートに電話しても、全然つながらないし、
仕方がないのでネットで検索してみると「最近は余り見かけないが、
コスト削減の為、カバーを溶接して留めている事があり…」という記事発見。
SOTEC…いや、ONKYOさんよ〜(怒)。

「ねじ切ってもOK」との事だったので、小さく4点溶接してある内の1点を、
カッターの刃を隙間に入れて、ゲジゲジと削る羽目に…(涙)。
↑内側の精密機械に向かって力任せにベキッとやる勇気はなかったので(そもそも私の握力?では無理だと思う)。
1点を切ったらスロットカバーがかなり動かせるようになったので、
後はペキペキと簡単に折れたのですが、
精密機械の近くでカッターを動かすヒヤヒヤ感に力尽きそうになりました(結構時間が掛かったし)。

ようやくスロットカバーが外れたので、カードを差し込んでみると、
何やらエビの甲殻の端っこみたいに並んでいる出っ張りが邪魔…。
これがユーザーズガイドに載っていた「ツメ」かと、外側に押し曲げてカードを差し込んでみるも、
やっぱり一部重なってしまう箇所あり。
しょうがないので、そこだけ逆に内側に押し込んで、そのツメは無きものにして、
ようやくカードの設置が完了しました。

…こんなの、素人には敷居が高過ぎるっちゅーねん…。
て言うか、ユーザーズガイドにちゃんと「ホントのところ」を書いておいてよ。

新しいパソコンを使い始めて1週間、現状はこんな感じです。
ユーザーレビューが余り見当たらないので、記事を書いてみました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

【日記】 新しいパソコン(ONKYO S505A6B/21W1)を購入しました。 stone creater's room/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる